メガネの女性

日商簿記1級を独学で取得したいなら通信を利用

1級という難関に挑むなら

男の人

独学で日商簿記1級を取得するのはとても難しいことです。しかし、スクールの講座には様々な理由で通うことができないという方も多いでしょうから、通信講座を利用することをオススメします。通信講座ならば市販のテキストとは比べものにならないくらい効率的に知識を吸収することができます。

Read More

頑張って取得する

男性

日商簿記1級を独学で勉強する事は、とても難しいことです。独学で勉強をする場合は、ただ参考書を勉強したり暗記するのでは、だめなのです。合格できるような方法を考えなくてはいけません。このような時には、通信教育などを使えば勉強の方向性が分かります。

Read More

会計系資格の登竜門

女の人

合格しているといいことが

日商簿記1級は商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算で構成される試験で年2回(毎年6月、11月)に実施されます。合格率は1割前後と難関試験の部類に入りますが、なぜ人気が高いのでしょうか。 日商簿記1級は会計系国家資格の登竜門と言われており、税理士試験ではこれに合格していることが受験資格となっています。また大学の推薦入試に有利だったり、仕事で手当てがもらえる場合もあります。また単なる経理事務での記帳だけでなく経営分析などもできるようになるため、会社で重宝されます。 そのため専門学校に通う人も少なくなく、そういった人たちと同じ土俵で独学で試験を受けて合格するのは、相当要領が良くないと厳しいものになります。

相対評価の恐怖

日商簿記1級は1科目25点の合計100点満点で、70点以上で合格となります(ただし10点未満の科目がある場合は不合格です)。しかしただ70点以上取れればいいというものではないのが厄介な所です。と言うのも日商簿記1級は相対評価を採用しています。これは問題作成時に配点を決めるのではなく、試験終了時に合格率が1割位になるように後から配点を決めると言う方法です。そのためどこに配点がくるかは分かりませんが、とにかく1点でも多く正解を出す必要があります。独学での合格の難しさはここにあります。 専門学校に通っていればそういった配点が来そうなポイントなども教えてくれますが、独学ではそうはいきません。もちろんただ参考書を理解して問題を解くだけではダメです。そのため独学でも専門学校が実施している模擬試験などには積極的に参加すると良いですね。順位がでるので自分の実力を測ることができますし、当日の試験会場の雰囲気にも少しだけ慣れる事ができるというメリットもあります。しかし、会社勤めの社会人や時間のない人にとっては、日商簿記1級の勉強をするために専門学校に通うことが難しい場合もあります。そんなときに、独学で勉強をする人のサポートとなるのが、通信講座です。自分のペースで勉強できるので時間の管理もしやすく、専門学校に通うよりハードルが高くありません。独学で勉強することに不安を感じるならば、通信講座を受けることを検討してみるとよいでしょう。

経理スキルを高めるために

女性

日商簿記1級に合格することができれば、高い経理スキルをアピールすることができます。もし、そんな日商簿記1級に独学で合格したいのならば、専用の通信講座を利用してみることをオススメします。効率的に勉強することができるため、スムーズに合格しやすくなります。

Read More